クレジットカードでのキャッシングは収入証明書が必要

クレジットカードの申込時には、身分証明証の提出が必須です。
そしてもう一つ必要になるかもしれない書類があります。
それが収入証明書です。

収入証明書は不要であるケースも多いです。
必要になるのはキャッシングを付帯させるケースや、個人事業主が法人向けクレジットカードを作成するケースなどです。
自営業者の場合は、経営が安定しているか判断がつきかねます。
そのため収入証明書で返済能力を判断するのです。

キャッシングを付帯させる場合は50万円以上のキャッシング枠になるとき、他社にキャッシングをしていて合計で100万円以上になるときに、収入証明書が必要になります。
キャッシングはクレジットカードの枠だけではなく、消費者金融や銀行カードローンなどの枠も対象となります。
これは貸金業法という法律で決められていますので、どんなに収入が高い職業でも収入証明書の提出が必要です。

収入証明書となるのは源泉徴収票、確定申告書などになります。
源泉徴収票は会社から毎年もらっていると思いますが、必要ないからとすぐに捨ててしまってはいませんか?
クレジットカードのキャッシング枠を付けるために必要になるかもしれませんので、1年は保管しておくようにしましょう。