クレジットカードには身分証明証が必要

クレジットカードの発行のさいに、必ず必要となるのが身分証明証です。
クレジットカードは本人しか申込むことができません。
自分が申込をして、使うのは友達・・・ということはできないのです。
また誰かが他人になりすまして、クレジットカードを発行することも考えられます。
この場合は悪用目的であることが多く、クレジットカード会社は警戒をしています。
そのためクレジットカードの申込時には、身分証明証が必要となるのです。

クレジットカードの身分証明証として使えるのが、運転免許証、パスポートなど顔写真が付いているものが良いでしょう。
なければ健康保険証でも代用できます。
これなら誰でも用意することができるでしょう。
そのほか住民票の写し、顔写真付きの住民基本台帳カード、外国人の場合は外国人登録証も身分証明証になります。

これらのコピーをクレジットカード会社へ提出します。
現在はメール添付したり、アプリで提出できるようになり便利になりました。
インターネット環境がなければ、faxでの提出もできます。

身分証明証がなければ、クレジットカードを発行することはできません。
スムーズに申込ができるように、事前に用意しておくことをおすすめします。