信用がないとクレジットカードは発行できない

クレジットカードの発行に必要なものをあげていきます。

クレジットカードの名前の由来となったのが、「信用(credit)」になります。
そのためクレジットカードの発行には、信用が必要です。
クレジットカードを申込むと、必ず審査が行われます。
これは申込者に信用があるかないかを判断するためです。
信用があるとされれば、審査通過となり発行されるというわけです。

信用を判断する方法ですが、まず勤務先や年収などが見られます。
そして大きなウエイトを占めるのが個人信用情報機関に登録されているデータです。
個人情報が掲載されているのですが、名前や住所だけでなく金融商品の利用状況も登録されています。
これをみるとこれまでどのようにクレジットカードを利用してきたかがわかります。
支払いを問題なく行っていれば、信用が大きく今後も貸し倒れリスクが少ないと思われるでしょう。
そうなると信用度が高いとなり、クレジットカードが発行されやすくなるのです。

個人データって誰でも見られるようになっているの?とびっくりですが、常にだれもが開示できるわけではありません。
クレジットカード審査など必要なときしか他人が開示することはありませんので、安心してください。

LINK:http://cretatsu.com/